芒種

爽やかな川のせせらぎが一年を通じて最も美しく感じられる頃。
亀岡から嵐山へと流れる保津川には鮎が昇り始める。


次へ
風雅なかたち

清らかな水の流れにのって鮎が泳ぐ様は、この季節の季語にもなっている趣きある情景。
優雅な流線を描く姿に重ねた形の生地を一つ一つ丁寧に焼き上げる。


次へ
初夏を楽しむ

焼きごてで顔と尾を入れて、京都の夏の風物詩 鮎に見立てる。爽やかな季節を楽しむ初夏の和菓子。


次へ
永楽屋のこだわり

爽やかな時節を楽しむ和菓子「若鮎」。
しっとりと香ばしい生地ときめ細かく舌触りのよい求肥の相性よく、程良い甘さが口いっぱいに広がる。求肥は近江産の餅米「羽二重」を用いている。


次へ
調布 若鮎

初夏にふるまわれる、清流の鮎をかたどった和菓子です。特製のふっくらとした生地で、近江産羽二重米で仕立てた求肥(ぎゅうひ)を包んでいます。
もっちりとした食感をお楽しみになれます。

永楽屋の「調布 若鮎」の詳細を見る。永楽屋の「調布 若鮎」の詳細を見る。
芒種:芒種
芒種:風雅なかたち
芒種:初夏を楽しむ
芒種:永楽屋のこだわり
芒種:調布 若鮎