秋分

残暑が和らぎ、稲穂も黄金色に色づけば、それはお月見の合図。
十五夜と十三夜の両日を祝うのは平安から伝わる風習で、旬の食べ物を供えることから、十五夜は「芋名月」、十三夜は「栗名月」と呼ばれる。


次へ
実りの秋

この頃の丹波の地ではとても質の良い栗が採れる。
「丹波栗」と呼ばれるそれは、大きくて甘味が強く、身は締まって艶がある。
朝と夕の気温の差が大きい丹波の地が生んだ逸品。


次へ
生栗を蒸す

丹波の生の栗を仕入れて、いい具合に蒸し上げる。この「いい具合」の見極めがとても難しい。
今では調理済みの栗を仕入れて使う店も少なくないが、そこは決して手を抜いてはいけないところ。


次へ
永楽屋のこだわり

丁寧に蒸し上げた栗をお餅で包み込む。
丹波の秋へ馳せる想いを込める。


次へ
栗餅

大粒の丹波栗が入った秋の生菓子です。
蒸し上げただけの純粋な丹波栗の存在感をお楽しみくださいませ。

永楽屋の「栗餅」の詳細を見る。永楽屋の「栗餅」の詳細を見る。
秋分:秋分
秋分:実りの秋
秋分:生栗を蒸す
秋分:永楽屋のこだわり
秋分:栗餅