処暑

暑さもようやく峠を越え、京都の風景も少しずつ秋の装いを帯びてくる。
辺りでは草木が紅く色づき始め、いつのまにか日の出が遅くなったことを知る。
まだ明けきらぬ朝に、少し早い秋を見る。


次へ
一年中、朝早くから

永楽屋の朝は早い。
まだ薄暗いうちから、その日に店に並べる生菓子、みかさやおはぎなど、鮮度が重要な品を作り始める。
朝の工場には、あわただしい職人たちの足音が響く。


次へ
焼きたての生地

永楽屋の「みかさ」は、蜂蜜を混ぜたこだわりの生地に栗入り粒餡をはさんだ逸品。
焼きたての甘く香ばしい香りをお届けしたく、毎朝心を込めて焼く。


次へ
永楽屋のこだわり

こうして出来上がったみかさは1年を通して毎朝店頭に並べられる。
毎日のことだからこそ、手を抜かず、並べ方にも気を配る。


次へ
みかさ

生地が自慢の永楽屋の「みかさ」。焼きたての香ばしい風味を毎日お楽しみいただくために、職人が朝早くから焼いています。国産の蜂蜜を入れ、しっとりとふわふわに仕立てた、永楽屋自慢の生地です。

永楽屋の「みかさ」の詳細を見る。永楽屋の「みかさ」の詳細を見る。
処暑:処暑
処暑:一年中、朝早くから
処暑:焼きたての生地
処暑:永楽屋のこだわり
処暑:みかさ