誠実なものづくり

誠実なものづくり

変わらず、そして変わり続けること
「不易流行」という言葉があります。新しみを求めて絶えず変化する流行性にこそ、永遠に変わることのない不易の本質がある。即ち、不易と流行の根本は繋がっている、というものです。
永楽屋が、変わらず大切にしてきたことは誠実なものづくり。この姿勢が、技術の研鑽、より良い素材の吟味という変化へ繋がり、おのずと上質を生むのです。

変わらないために、変わり続ける。

本質を見極め、基盤を変えることなく、絶えず工夫し、新たな可能性を見出していくことが、永楽屋の「不易」と「流行」。
私たちはこれからも、この姿勢を大切にしながら、上質なものづくりを続けてまいりたいと考えております。