立夏

暖かな陽気の中、かすかに夏の気配が漂い始める頃。
京の山あいでは田に水が張られ、田植えが行われる。古代より変わらない日本の原風景。


次へ
実山椒

この時期、滋賀県の伊吹の山々では朝倉山椒が実を付け始める。実が大きく香りも豊かなのが特徴だが、実付けの量はあまり多くない貴重な品種。


次へ
手間ひまかけて

永楽屋のちりめん山椒は、厳選した朝倉山椒とちりめんじゃこを使う。素材の持ち味を最大限に活かすために、手間ひまかけて作られる。
例えば、ちりめんじゃこに紛れている小さい蛸や海老、そして大きさの違うちりめんじゃこ。食感や風味を守るために、これらをひとつひとつ目で確認し、取り除いていく。


次へ
永楽屋のこだわり

厳選した朝倉山椒と柔らかいちりめんじゃこを香り高くふっくらと炊き上げたちりめん山椒。ごはんに彩りを添える京佃煮の定番。


次へ
ちりめん山椒

良質のちりめんじゃこと朝倉山椒をじっくり炊き上げた京佃煮です。
厳選したちりめんじゃこと実山椒そのままの風味を活かして、柔らかくあっさりと仕立てました。

永楽屋の「ちりめん山椒」の詳細を見る。永楽屋の「ちりめん山椒」の詳細を見る。
立夏:立夏
立夏:実山椒
立夏:手間ひまかけて
立夏:永楽屋のこだわり
立夏:ちりめん山椒