小雪

木々を彩っていた葉が、雨に濡れて落ちる頃。山間部ではその雨が雪に変わり始める。
秋から冬への移り目。


次へ
冬が育てる冬茹椎茸

この頃から初春までに育った椎茸は冬茹(どんこ)と呼ばれる。寒い空気にさらされて育つため、肉厚で身が締まり、味が濃厚。特に国産原木栽培の冬茹は栽培量が少なく、とても貴重とされている。永楽屋は原木栽培の冬茹椎茸から特に小粒のものを厳選する。


次へ
じっくりと、じっくりと。

この貴重な冬茹干し椎茸を一日以上かけて戻し、そこからじっくりと時間をかけて炊き上げる。
自然の中で育つ素材に同じものはひとつとしてない。扱う椎茸の状態や作る日の気候によって味つけや時機を加減し、長年培ってきた職人の腕で変わらぬ味に仕上げる。


次へ
3つのこだわり

椎茸がゆっくり育つ日本の冬。
豊かな風味を引き出す、貴重な原木栽培。
職人の丁寧な手作業。

この3つのこだわりから、永楽屋の看板商品「一と口椎茸」が完成する。


次へ
一と口椎茸

永楽屋の「一と口椎茸」は、国産原木栽培の小粒椎茸を厳選し、職人の手でじっくりと炊き上げた弊店自慢の逸品です。
椎茸の旨味と醤油の風味が一体となった絶妙なまろやかさを是非、ご堪能ください。

「一と口椎茸」の詳しい情報を見る。「一と口椎茸」の詳しい情報を見る。
小雪:小雪
小雪:冬が育てる冬茹椎茸
小雪:じっくりと、じっくりと。
小雪:3つのこだわり
小雪:一と口椎茸