立冬

山の木々が一斉に色づき始める頃。
ふとした瞬間に冬の気配を感じ始める。
秋はとても短い。


次へ
京都生まれ、京都育ち

京都 日吉町は、京の冬の味覚の代表・千枚漬となる聖護院かぶらの産地。秋から冬にかけての急激な気温の低下が、深い甘みと瑞々しい食感のかぶらを育てる。
まさに京都生まれ、京都育ち。


次へ
上品で繊細な冬の味覚へ

その京都育ちの聖護院かぶらを千枚と言われるほどに薄く切り、余分な水分を取り除くために塩であら漬。さらに昆布で本漬にする。上品で繊細な冬の味覚に仕上げられる。


次へ
千枚漬

永楽屋の「千枚漬」は、旬の聖護院かぶらを透けるほどに薄く切り、丁寧に漬け込んでいます。
蕪(かぶら)のサクサクとした歯切れの良さ、蕪と昆布から生まれる風味で、京の冬を代表する無添加のお漬物として親しまれております。

永楽屋の「千枚漬」の詳細を見る。永楽屋の「千枚漬」の詳細を見る。
立冬:立冬
立冬:京都生まれ、京都育ち
立冬:上品で繊細な冬の味覚へ
立冬:千枚漬